シミに効く食べ物とは?

*

シミに効く食べ物で、美白肌を手に入れる!

シミに悩んでいる人のほとんどは、美白成分配合の美白コスメでお手入れをしていることでしょう。もちろん、美白コスメでのケアはとても重要なので続けたいものですが、体の内面からシミにアプローチすることも大切。

シミに効く医薬品を利用することもできますが、ふだんの食事からシミに効く食べ物を摂取できれば嬉しいですよね。シミに効く食べ物にはどんなものがあるのでしょうか。



0f34dd21fff8901e0490c3cd16062eba_s



シミに効くのは、王道ビタミンC

シミに効く栄養素といえば、一番に思い浮かべるのはやっぱりビタミンC。ビタミンCはシミの元となるメラニンの生成を抑える働きでシミ予防に効果があるだけでなく、メラニン色素を普通の色素に戻す還元作用もあるので、できてしまったシミを薄くする効果もあるのです。

ビタミンCを含んだ食品を日頃から意識して食べるようにすると、ふだんから美白ケアをしていることになるので合理的ですよね。ビタミンCは野菜や果物に豊富に含まれます。

特に緑黄色野菜にはビタミンCだけでなく美容によい成分が多いので、アンチエイジング効果も期待できます。とくにおすすめの緑黄色野菜を以下にまとめてみました。いずれも通年で手に入りやすい野菜たちなので、積極的に食事に取り入れるようにしましょう。参考)シミ取りクリーム

●トマト
トマトはビタミンCの他、抗酸化作用に優れたビタミンE、リコピンが豊富に含まれた高機能食品。毎日積極的に食べるようにしたい野菜です。
●カボチャ
ビタミンCの他、抗酸化作用のあるビタミンE、βカロチン、ポリフェノールなどが豊富。美肌づくりには欠かせない食材です。
●ニンジン
βカロチンたっぷりのニンジン。美容や目にもよいビタミンAも豊富に含まれています。
●ブロッコリー
意外と忘れられがちですが、ブロッコリーのビタミンCはなんとレモンの2倍。βカロチンや葉酸など美容によい成分も豊富です。

シミに効く食べ物は、シミの原因ごとにある!

ビタミンCが豊富な食材は、シミに効く食べ物としては誰もが知るところですが、その他にはどのような栄養を持つ食べ物がシミに効くのでしょうか。

実は、シミができる原因によって、摂取すべき栄養素も違ってくるのです。シミのできた原因ごとに、効果的な食べ物をまとめてみました。

●ホルモンバランスの乱れが原因のシミ
おでこや目のまわりにできるシミや、肝斑のシミなどは女性ホルモンの働きが弱くなることが原因。そんなシミにはホルモンバランスを整えてくれる豆類やナッツ類がおすすめです。 (豆腐、豆乳、納豆、アーモンドなど)
●内臓トラブルが原因のシミ
頬の外側あたりにシミができやすい場合は腎臓の働きが弱くなっている場合があります。また、眉間部分にできやすい場合は肝臓が弱っている可能性があります。体調に不安がある場合は医療機関を受診しましょう。内臓の働きを改善するのによい食べ物は、魚介類や海藻類。特に、オルニチンというアミノ酸が豊富な「しじみ」がおすすめです。
●自律神経の乱れが原因のシミ
口のまわりにシミができていたら、自律神経の乱れが原因の可能性があります。自律神経の乱れが原因のシミには、ビタミンB12を含む食材を食べると効果的です。ビタミンB12は微生物によって生成されるため、主に動物性食品に含まれます。魚介類、海藻類に多く、中でもあさり、しじみ、いくらなどに特に多く含まれます。

シミの原因ごとに、シミに効く食べ物もさまざまです。ビタミンCを基本に摂取しながら、原因ごとに適切な食材を毎日のメニューに積極的に取り入れてみましょう。


7419218393b9e2a2562cddb43accda31_s




記事